結婚式二次会

二次会にもいろいろと有りますが、ここでは結婚式二次会を取り上げます。

地域によって多少の差異はありますが、最近の結婚式や披露宴は以前よりもだんだんと簡素化されてきています。
式や披露宴の参加メンバーにしても内輪の人が中心です。
時には本当の身内、親戚だけということも少なくありません。

そうした中、内輪以外の人にも参加してもらおうということで始まったのが結婚式の二次会とされています。
結婚式には内輪だけにしてしまい呼ぶことができなかった友人・知人たち招いて、気楽に楽しめる雰囲気をかもし出して飲食をしながら新郎新婦の2人を祝います。

結婚式二次会の開催日ですが特に結婚式の日と変えてセッティングすることは少なく、一般的には同じ日に行います。
移動も楽なように結婚式場に近い会場で行われることが多いです。

そして結婚式の二次会にはこれといった定型的なパターンは無く、ルールもありません。
主催者が決めることです。
基本的には参加する人たちが肩を張らずに気軽に参加して楽しめることが大切です。
そのために、服装でも重いものではなくカジュアルなものを着て参加してもらう
方が気持ちの面でも楽ですね。
また、地域によっては何かしらの
慣習のようなものもあるでしょうから、そういったものは無視せずに取り込んで行くことも大切です。

ただし、参加するメンバーによっては趣向を気にする必要はあります。

例えば、年齢の近い友人だけで開催する場合と、勤務先の上司などが参加される場合には、それぞれ趣向が変わりますよね。
友人だけのパターンを勤務先の上司も参加する余りにフレンドリーな催しを押し付けるわけには行きません。

いわゆるケース・バイ・ケースで調整が必要です。

でも、基本は参加者、もちろん主催者も含めて楽しめることが一番の目的になります。

Copyright © 2014 二次会とは All Rights Reserved.